訪問看護

リハビリ訪問看護

リハビリ訪問看護

看護師とセラピスト(PT・OT等)が多角的な視点からアセスメントを行い、定期的に評価を行い、看護業務の一環として、セラピスト(PT・OT等)がより専門的なリハビリを行います。看護師は、病状の予後予をもとに、合併症の発症、生活状況の悪化を予防する視点。セラピストは主に身体・日常生活動作及び住環境・福祉用具等の環境面や、基本動作の獲得、応用的動作能力や社会適応能力の獲得など様々な訓練を行い、身体状況に合った環境調整への支援を行います。

PAGE TOP